ハイブリッドのヴェルファイアの中古車買取査定の注意点

ヴェルファイアのハイブリッドモデルは、2011年から発売されています。初代ヴェルファイアが発売されて3年後にラインアップされたモデルで、価格的にもそれほど普及しなかったモデルではないでしょうか?
初代ヴェルファイアハイブリッドは、新車価格の割りに中古車買取相場は低く設定されているモデルだと言えます。

 

2011年から2014年まで発売された初代ヴェルファイアハイブリッドですが、年式的もハイブリッド車としての需要が減りつつあるので、中古車買取相場はヴェルファイアのリセールバリューの中では振るわないのがハイブリッドモデルだと言えます。
新車価格の割りに、人気のヴェルファイアの中では、ハイブリッドヴェルファイアは、需要が低いモデルです。

 

2015年のフルモデルチェン後の2台目ヴェルファイアハイブリッドは、価格も抑えられ、性能の向上などで人気モデルとしてヴェルファイアの新車販売の中でも販売台数が伸びているモデルだと言えます。
高級ミニバンとして、新車価格も高額ですが、販売台数は順調に推移しているモデルだと言えます。新車でも中古車市場でも人気、需要が高く、2015年発売以来、同社のアルファードよりも人気が高い車種ではないでしょうか?

 

ハイブリッドカーは、新車購入から3年で売却するのが良いと言われています。ハイブリッドのモーターに使われるバッテリーの交換時期が、5年だと言われているので、5年後の売却は不利になると言われています。
バッテリーの品質向上は目まぐるしいので、5年保証のハイブリッドカーもそれ以上の実力が有ると言われますが、メーカー保証などを考慮した場合、ヴェルファイアハイブリッドも新車購入されたは3年後の売却なら査定価格も比較的高額査定が期待できると言えます。

 

逆に、ハイブリッドカーを5年以上乗った場合の査定価格は、ガソリン車に比べてリセールバリューは悪くなる傾向にあります。新車価格の割りに、査定価格、買取価格が低くなる傾向にあります。

 

ヴェルファイアハイブリッドに限らず、ハイブリッドモデルの車は、中古車市場での売却が難しい面もあります。ですが、ハイブリッドカーだけを扱う中古車店なども有るので、専門店などへの売却が出来れば、相場よりも高く売ることが出来るかもしれません。
ですので、初代ヴェルファイアハイブリッド、2代目ヴェルファイアハイブリッドの売却の際には、出来るだけ多くの業者の査定が有利になることは間違いないと思います。
当サイトは、ヴェルファイアの中古車を少しでも高く売る為の情報を提供しています。もちろん、ハイブリッドモデルのヴェルファイアの査定を有利に出来る車買取一括査定サイトも紹介していますので、是非この機会にご利用ください。※無料で利用できる査定サービスのみ紹介

 

ヴェルファイアハイブリッドの買取に強い無料一括査定